食生活を見直して汗を変えよう

食生活改善で脇汗を抑える

食生活,汗

脇汗のにおいを気にしてしまう人は、まず汗を出さないようにしようとなるべく水分をとらないようにしてしまう傾向にあります。
しかし、汗をかかないということはかえって汗を凝縮してしまいにおいを発生させてしまいます。

 

脇汗のにおいの原因として、アポクリン腺からでる汗が考えられます。
アポクリン腺からでる汗は脂質やたんぱく質などの物質を多く含んでおり、雑菌が分解しやすいことからにおいの元になりやすいのです。

 

つまり、肉類や乳製品、脂肪の多い食事をたくさんとると、アポクリン腺から分泌される汗にも大量の脂質などが含まれることになり、結果として脇汗のにおいを増強させてしまうことになります。

 

また、ニラやニンニクなどの元からにおいの強い物、アルコールや煙草などの刺激物もにおいを強くする原因といわれています。

 

脇のにおいを抑えるのに有効なのはビタミンです。
特に緑黄色野菜に多く含まれているビタミンA、ピーマンやレモンに多く含まれているビタミンC、しそやパセリなどに多く含まれているビタミンEが良いとされています。

 

全てを和食にする必要はありませんが、野菜をとるように心がけること、肉や脂肪だらけの食事を控えることは脇汗のにおいを改善する良い方法といえるでしょう。
また、和食に変えたからといって突然においが消えるわけでもありません。

 

自分ができる範囲で食事や生活の改善を行い、無理せずに規則正しい生活を送るようにしましょう。

 



脇汗の臭い防止アイテム 脇汗の基礎知識 脇汗対策 脇汗の治療