脇汗のシミで汗のタイプを診断する

脇汗のシミでワキガかどうかを判断する

脇汗,シミ,汗のタイプ

自分がワキガかどうかを判断する項目に汗ジミの色があります。
シャツなどにつく汗の色が黄色くなっていたらワキガの可能性がある、というものです。

 

脇汗にも種類があります。
エクリン汗腺からでる脇汗は99%が水であるのに対して、アポクリン汗腺からでる脇汗は脂肪やたんぱく質などの細菌によって分解されやすい物質ばかりです。

 

そのため、シャツについた後も分解されてしまうのでアポクリン汗腺からでた汗の場合はシャツの汗ジミが黄色く変色してしまいます。
一方、エクリン汗腺からでる脇汗の場合は99%が水ですから、蒸発するだけでほとんど色に変化はない、もしくはうっすらと跡が残っている程度です。

 

アポクリン汗腺から大量に汗がでると、いわゆるワキガと呼ばれてしまいます。
シャツについている汗ジミがいつもぼんやり、そんなに気にはならないという人は普通の脇汗の可能性が高いです。

 

こまめに汗を拭ったり、脇汗パットなどで対応したりすることでにおいを極力防ぐことが可能です。
一方、シャツの脇部分にいつも黄色い染みがついてしまう人はアポクリン汗腺からの汗がたくさん出ており、ワキガの可能性が高いです。

 

この場合は他のチェック項目を確認したうえで医療機関への受診を考えるのも手でしょう。
シャツのシミによって自分の脇汗のタイプがどちらなのかを判断することができます。

 

ただの脇汗の人は、しっかりとした脇汗対策を行えばにおいをちゃんと改善できるのでまずは自分がどちらなのかを確認してみましょう。

 



脇汗の臭い防止アイテム 脇汗の基礎知識 脇汗対策 脇汗の治療