においが気にならない汗

におう汗とにおわない汗

におい,気にならない,汗

汗といってもにおいの気になるものと気にならないものがあると思います。
基本的に、汗自体はまったく無臭であるとされています。

 

しかし、なぜにおいが、しかも脇汗が特ににおいを感じてしまうかというと汗腺と分泌物の違いが原因です。

 

においの比較的少ない汗は、エクリン汗腺から分泌されます。
エクリン汗腺から分泌する汗の成分は、99%が水で、残りは塩分や尿素、ミネラルなどです。

 

においが生じやすい汗は、アポクリン汗腺から分泌されます。
アポクリン汗腺から分泌される汗は脂肪やたんぱく質、糖質、鉄分、アンモニアなどを含んでいます。

 

多くの物質を含んでいるので、細菌などによって分解されやすく、そのために変なにおいが発生します。
脇汗はこのアポクリン汗腺から分泌されるので、特にいやなにおいが発生しやすいということになります。
様々な物質を含んでいますが、これらは普段の食生活を変えることで改善されるともいわれています。

 

脂肪分や当分、乳製品などを控えた食事をとることで次第に分泌される内容も変わってきます。
においの元を断ち切るために、まずは野菜などを多めにとるなど、食生活を変えてみることも良いでしょう。

 

また、身体に蓄積されている老廃物を、汗を流して出し切ることも有効です。
運動も効果的ですが、大変な人はまず足湯から始めてみましょう。
ぬるま湯で足湯や半身浴をすることで、良い汗が流れるため、汗腺を鍛えてにおいを改善できることもあります。

 



脇汗の臭い防止アイテム 脇汗の基礎知識 脇汗対策 脇汗の治療